結婚式 服装:二次会



冠婚葬祭mini百科
結婚式の二次会の服装は、結婚式がある度に毎回悩んでしまいますよね。

結婚式の服装は、男性も女性も基本的には黒が正装ではありますが、
結婚式の二次会の場合の場合の服装や、
親族として結婚式や二次会に出席する場合の服装、
友人として結婚式や二次会に出席する場合の服装など、
単に結婚式や二次会と言うだけでなく、自分がどういう立場で出席するかに
よっても結婚式や二次会の服装は違ってきます。

ある程度、ラフに考えられるのは結婚式の二次会の身に出席する場合の
服装ですね。

結婚式の二次会のみの出席であれば、
色に気をつければスーツ系の服装でなくても
ジャケットや襟付きの服装を上手に着こなせば十分です。

間違いないですね。

結婚式の二次会は、盛り上りを大切にする場ですから、
あまり堅苦しい服装だと、逆に浮いてしまう可能性もあります。

また、結婚式の二次会での出逢いも少なからずありますから
そういった点からも結婚式の二次会の服装を考えるのも良いかもしれません。


結婚式の二次会はある意味、上手に自分をアピールする事も出来る場でも
あるのです。


まずは結婚式の2次会を楽しむ事です。




結婚式 服装:男性

結婚式の服装は男性も女性も基本的には【黒】が一般的です。
これは基本ですから頭に入れておいて下さいね。

結婚式の服装は男性であれば、親として出席する場合意外は、
スーツが最も無難なところでしょう。。。


男性の結婚式の服装としても黒服に白のネクタイが昔からの慣わしでは
ありますが、
今の時代、結婚式の服装として黒服に白ネクタイにこだわる必要はありません。

普段でも使えそうなブラックスーツに、
あまり派手でない組み合わせを心がければ良い感じに仕上がるでしょう。


落ち着いた色のジャケット組合わせて着るのもオシャレ感が漂っていて
良いと思います。

男性が結婚式の服装で気をつけたいところは、色です。

男性は派手な色を使えば使うほど、有名人でもない限り
浮いてしまい、恥ずかしい目を見てしまいます。

結婚式では良く若い方にこういう傾向が見られますね。

結婚式のような場では男性は上手にシックに決めたほうが
逆に人目を引きます。

男性の結婚式の服装として色だけは気をつけてくださいね。



そして、結婚式や披露宴の後、二次会まで出席する場合は
着替えもまぁ、アリですが
一般的にはそのまま参加しますから、
ある程度はその辺も考えて結婚式の服装を考えるのが良いと思います。


男性の場合、結婚式の服装は、以上の点を気をつけて
楽しめる服装を意識して決めてみましょう。

あまり悩む必要はありませんね。。。
冠婚葬祭mini百科



結婚式 服装:女性

結婚式の服装は男性も女性も基本的には【黒】が一般的です。

ココを押さえた上でお話ししますね。


結婚式の服装は黒が基本ですが、女性の結婚式の服装の場合は、
今は、そんなに意識する必要は無いようです。。。

和服の場合は別として、女性の結婚式の服装は、
ドレスが主流になっていますので、黒に限らずこだわることなく、
赤や黄色、ピンクなどの一般的には派手と言われる色であっても
落ち着いた感じに出来ている服装であれば全く問題ナシです。


女性の結婚式の服装は、男性よりも服装に対して『選択肢』が多い分、
悩むところですが、
そこは自分を上手に表現すると言うことを意識して、背伸びをしないで
自分に合った結婚式の服装を選ぶようにしたいところですね。


また結婚式は、少なからず出逢いもありますから、
その点から考えても、あまり背伸びをした服装を選んでしまうと
後で自分が困った思いをしてしまいかねません。

結婚式の服装だからと特別に考えずに、
自分に合った、自分を上手に表現出来る服装を選んでくださいね。


逆に考えると、女性は結婚式の服装の選択肢が豊富なので、その分、
自分を上手に表現しやすいですからね!!!